ダイヤモンドSで気になる馬

スポンサーリンク

今週は重賞が4つもあります。

しかも、フェブラリーS以外は全て荒れそうなレース。

全て馬券を買うかどうかは分かりませんが、一応みていきたいと思います。

では、ダイヤモンドSで気になる馬を挙げます。

ヴァントシルム

ステイヤーズSは7着に負けましたが、一応3人気でした。

東京も1戦ですが、1勝していますので相性のよいコースかもしれません。

人気を下げてくる今回は狙い目だと思います。

3連勝後のセントライト記念は負けましたが、前走は楽に勝利。

セントライト記念はずっと走ってきたので疲れが原因と思います。

今回も好走しそうですが、鞍上が気になる感じです。

タイセイトレイル

アルゼンチン共和国杯2着馬。

前走日経賞は4着でしたが、2,500m以上は6戦して馬券圏外なしと、距離が伸びた方がよさそうです。

ただ、休みなく走ってきているのが気になります。

タガノディアマンテ

前走万葉Sを人気に応えて2着に差をつけての圧勝。

前走は相手に恵まれた感がありましたが、今回は一応相手が少しですが、強くなるのが気になります。

メイショウテンゲン

弥生賞の勝ち馬。

弥生賞以降は10着以下と大敗でしたが、前走ステイヤーズSは4着とこの馬にとっては、好走しました。

距離は持つことが分かったので、あとは鞍上の腕しだいです。

リッジマン

2年前の当レース2着馬。

前走ステイヤーズSが2人気なら、一気に人気を落とす今回は狙ってみたいところです。

オセアグレイト

バレリオ

ロサグラウカ

この3頭は前走の勝ち馬。

「勢いがある」というだけで買い目にいれたい3頭です。

 

以上、気になる馬8頭上げました。

 

 

コメント