共同通信杯の反省

スポンサーリンク

共同通信杯の反省です。

馬券の反省

堅く収まりそうだったので、武豊騎手34年連続重賞勝利の応援馬券として1着固定で軽く買ったですが、見事に外してしまいました。

しかも馬券圏内にも入らず…。

ここまでくれば、私が買ったからマイラプソディが負けたのかなぁと、責任を感じてしまいます。

すみません。

堅く収まる予定だった馬券も3連単が万馬券と頭数の割にはいい配当がつきました。

ただ、本気で予想をしてもこれは買えなかったのでよしとします。

結果だけみると外国人騎手3人の独占で買えそうな馬券ですが(^^・

レース回顧

最後の直線で早めに前につけた2頭の勝負となりました。

今回の馬場にあった位置取りのうまさの差ですね。

中団気味に構えていた、人気馬マイラプソディとフィリオアレグロにとっては厳しい展開でしたので、今回のレースは参考外とします。

正直なところ、あれくらいの馬場ならしっかりこなして欲しかった(強い馬なら問題なくおこなす)ので、今回のレースはそんなにレベルは高いものではないと思います。

ただし、1・2着の2頭はなんだかんだいっても、3着馬に4馬身離しているので、次回もこういった馬場だと狙えると思います。

以上、共同通信杯の反省でした。

今週は、今年初のG1フェブラリーSがあるので、気合を入れて予想します。

また荒れる小倉大賞典もありますので、この2レースをばっちり決めて2月を逆転のプラス収支で終わらせたいです。

コメント