京都記念反省

スポンサーリンク

京都記念の反省です。

馬券の反省

見事に人気馬3頭で決まってしまいました。

こうなりそうな予感もあったのですが、決まらないで欲しいという思いが強すぎで勝負してしまいました。

もっと冷静にレースが荒れるかどうかの予想をしないといけないですね。

また、軸にしたステイフーリッシュですが、3連単の1・2着固定にすると結果3着といった、見事にじくすらも外してしまうという大失態。

せめて軸だけでも当てたかったです(-_-;)

本来ならこういったレースは手を出すものではないと、心から反省です。

レース回顧

クロノジェネシスの圧勝でレースは終わりました。

休み明け、馬場全てが見方をした感じですね。

一頭だけ良馬場かと思うような走りっぷりでした。

懸念していた距離ですが、全く問題なくこなしており、あのエリザベス女王杯はなんだったのかと思うくらいのレースです。

この馬本当に強いですね。

ただ、次回間隔が詰まった状態(1か月以内)で良馬場、そして人気になるなら少し嫌ってみたいです。

次に2着カレンブーケドールですが、スタート後後方に下げた時は、休み明けは走らないやつかなと思ったのですが、最後の差を詰めてきました。

しかし、この馬は強いとは思うのですが、本当に2着が好きで勝ち切れないですね。

今回でコンビ解消らしいですが、勝てなければすぐに乗り換えをさせる馬主や調教師が多い中(私の勝手なイメージですが)、これだけ2着が続いても津村騎手を乗せているオーナーと調教師は素晴らしかったと思います。

あとは、津村騎手とカレンブーケドールが再結成して、初G1勝利をするのを見れるよう祈るだけです。

以上、京都記念の反省でした。

コメント