東京新聞杯反省

スポンサーリンク

東京新聞杯の反省です。

軸としたヴァンドギャルドがまさかの出遅れ。

最後は脚を伸ばして勝ち馬のプリモシーンと0.2差まで詰めていただけに、悔しい結果となりました。

馬券は外れましたが、3連単の2群に入れていた3頭(プリモシーン、サトノアーサー、クリノガウディー)の内2頭と「東京新聞杯で気になる馬」で挙げていたシャドウディーヴァで決着したので、だんだん予想の精度は上がってきたと思います。

あとは、馬券の買い方次第ですね。

レースの方は、プリモシーンが強いかったというのもありますが、デムーロ騎手の好騎乗が目立った感じです。

やはりデムーロ騎手はマイル戦がうまいなぁというのが、私の正直な感想です。

あとは、今後ヴァンドギャルドがどれくらい強くなってくれるかなくらいですね。

本当に強ければ、あれくらいの出遅れは問題なく取り返せたと思いますので。

最後に、プリモシーンは休み明け二走目は(0,1,0,3)とあまりよくないので、コースによっては割引が必要かなと思います。

今週は、重賞が3レースあり忙しくなりそうです。

今回みたいにやらないレースもあるかもしれませんが、頑張ります。

 

コメント