シルクロードS・根岸S反省

スポンサーリンク

今週の反省です。

シルクロードS

まず馬券の方ですが、見事にやられました。

過去記事の気になる馬よりエイティーンガールが来たのと、モズがとんだ(とんだといっても4着)になったのが当たったくらいで、他は全くダメでした。

軸の2頭は、購入時1・2人気だったのが、1・4人気になっていたので、よしよしと思っていたのですが、2頭とも見せ場なしで終わりました。

ディアンドルはあきらかに調子落ちのイメージでレッドアンシェルは休み明けの影響のような感じです。

特に勝ち馬を当てれないようでは、予想はまだまだですね。

レースの方は、前つぶれの展開の中、粘ったモズとセイウンコウセイはさすがだなといった印象です。

また、直線を向いたときは、前2頭が残ったと思ったのですが、そこから差し切った上位3頭の脚もものすごかったです。

とりあえず、今年の高松宮記念も波乱になりそうな予感ですね。

根岸S

こちらも馬券の方ですが、見事に外れました。

コパノキッキングの1・2着固定は間違いなかったのですが(まぁここまでは大方の人が当てられると思いますが…)相手が全くダメでした。

こちらも勝ち馬のモズアスコットを馬券から外している時点でダメダメな予想でした。

レースの方は、コパノが好スタートで前に行く中、直線を向いて他馬を突き放したのですが、出遅れからのモズアスコットが見事に差し切りました。

さすがにコパノはこの距離までだと強い競馬をするのですが、相手が強すぎた感じです。

モズも余裕で差し切っており、正直なところフェブラリーSに出てくるのであれば軸にしたい内容でした。

ダート代わりで特にG1で好走している馬は、激走をイメージしなければいけないということに気づかされたレースでした。

今回のレースどちらかを当てていれば、2月は楽なスタートだったのですが、うまくいきませんでした。

今月もマイナススタートですが、先月みたいに挽回するよう気合をいれます。

コメント